TOPページ新着情報会社概要ホンダ車部品事業プロジェクト提言
TOPページ>プロジェクト>5.湘南工房(農産品加工)

進和学園 農産物加工場 「湘南工房」 のご案内

20140612タウンニュース平塚・食品加工場hp.jpg2014年6月5日、進和学園の就労系事業の拠点「しんわルネッサンス」において、障害のある方々が働く農産物加工場が稼働しました。
農林水産省「六次産業化・地産地消法」の総合化事業計画の認定を受け、学園利用者(主に知的障害者)の働く場を一層広げ、地域の農業を活性化する方法として、地元住民や農協、NPO法人等がネットワークを築いて連携、湘南地区で収穫したトマトやミカンからジュースやジャムを作り「湘南工房」のブランド名で販売します。
(楽天市場店では、「湘南とまと工房」を店名に冠しています)

  湘南工房hpdetail_img_01[1].jpg   
    お求め・お問合わせ:(株)研 進 TEL:0463-58-5267  FAX:0463-58-2675

You Tube 配信
 「うまふく」寄附すると返礼品 福祉施設版 ふるさと納税

湘南とまと工房hp068459967[1].jpg通販ご利用も便利です!
 ⇒ 
湘南とまと工房・楽天市場店
  *「湘南とまと工房」は、(株)研進の登録商標です。
topboard_07[1].jpg
      湘南トマト工房hpmenu_04[1].jpg
インタビューhpd_09[1].jpg

   湘南工房料理hp201506[1].jpg

各種メディアで紹介 ~  「湘南工房」 ~

進和学園の農産物加工場「湘南工房」は、2014年6月の稼働開始以来、各方面から注目を浴びています。各種メディアにおいても、度々取り上げられています。

<新聞・タウンニュース等>
■新聞各紙
病院新聞「広がる農福商工連携 厚労省・農水省幹部が視察」(2016.8.18)
神奈川新聞「広がる農福連携/平塚・進和学園の加工場」(2016.8.17)
神奈川新聞「社会福祉法人と連携/規格外トマトを活用」(2015.7.17)
日本経済新聞「障害者の能力生かせ」(2014.6.5)
読売新聞「農産物加工で障害者就労支援」(2014.6.6)
毎日新聞「障害者 農産物製品化/平塚に加工場」(2014.6.6)
東京新聞「平塚市の障害者施設/地域の農業の活性化に一役」(2014.6.7)
朝日新聞「平塚の農業振興・障害者らも一役」(2014.6.25)
神奈川新聞「障害者 働く場広がれ/農産物6次産業化」(2014.5.16)

■タウンニュース等
タウンニュース平塚版(2014.6.12) & 湘南ジャーナル(2014.6.13)

「さがみ」8月号「規格外トマトで収益向上/社会福祉法人とコラボ」(2015.8.1)

<
テレビ>
■テレビ朝日「羽鳥慎一モーニングショー」(2017年8月31日)

うまふくhp35947_main[1].jpg
         寄 附 し て お 得 !  お す す め の 返 礼 品 !
今般、福祉施設の活動や商品をPRしながら、施設に対しての寄付を募るWEBサービス「うまふく」が誕生しました。資金調達だけでなく、商品の認知度アップや施設の販売力向上など、これからの施設運営の活性化に向けて、様々な角度からの問題解決を目指しています。
  「うまふく」のサイト ⇒ (社)進和学園「しんわルネッサンス」/湘南とまと工房
「ふるさと納税」の仕組みを参考として、「美味しい!うれしい!」を通じて寄附金を募集する「うまふく」がテレビ番組で特集されました。光栄なことに「うまふく」の対象として指定された進和学園の農産物加工の取り組みと「湘南とまと工房」製品が紹介されました。
このようなWEBサービスを活用することにより、平均月額工賃1万円台と低迷する福祉的就労の底上げを図り、障害のある方達の自立就労支援に繋がることが期待されています。

*番組  :テレビ朝日 「羽鳥慎一モーニングショー」
*放送日 :2017年8月31日 9:05~9:15 頃
*内容    :「ふるさと納税」の仕組みを参考として、福祉施設の活動や商品をPRしながら、施設
      に対する寄附金を募るWEBサービス「うまふく」が誕生。
      湘南産の規格外トマトを活用した無添加トマトジュース「湘南とまと工房」を取り上
      げ、そこで働く長崎美穂さん(18才)の働き振りとインタビューを交え、「うまふ
      く」を通じた「美味しい福祉のおすそわけ」について分かり易く解説。
      福祉施設で働く障害者の工賃が月額1万円台と厳しい現状にある中、就労環境の改善
      に繋がることが期待されることを報じました。

You Tube 配信 「うまふく」寄附すると返礼品 福祉施設版 ふるさと納税 
テレビ放映内容 ⇒ 
「うまふく」&「湘南とまと工房」(PDF/2ページ)

12長崎さんhp2IMG_9818.jpg


■tvk(テレビ神奈川)「ニュースハーバー 特集 トマトで新事業(2016年9月16日)

20160916tvk ニュースハーバーhp2.jpg

  こちらをクリック!拡大してご覧下さい。
    ⇒ tvkニュースハーバー  特集 「トマトで新事業」
tvk(テレビ神奈川)の下記番組において、進和学園「しんわルネッサンス」における農産物加工場「湘南工房」の取り組みが特集として放映されました。障害者の就労機会を創出し、農業の活性化や地域お越しにも繋がることが期待されることを、作業現場の様子やインタビューを交え分かり易く報じて頂きました。
<番組内容>
・放映:2016年9月16日(金) 18:00~
・番組:tvk(テレビ神奈川)ニュースハーバー 特集 「トマトで新事業」
・インタビュー(敬称略):
 瀬戸利彦(進和学園しんわルネッサンス施設長)
   ⇒ 事業の多角化、障害者の仕事の確保の一環として農業加工を開始した経緯や今後の抱負
     について語りました。
 小清水正美(食品加工技術者)

   ⇒ 食品加工の専門家として、「障害者とは思っていない・・食品の場合、甘えは許されな
     い」と厳しく指導している旨を言及。
 野口 優(しまむらストアー旭店 店長)

   ⇒ 地元スーパー「しまむらストアー」にてトマトジュースを販売しており、大変好評を博
     していることを紹介。

 松嶋野明(進和学園しんわルネッサンス利用者)
   ⇒ 自分達が作った製品を「おいしい」と言ってくれた時には、「泣きそうになった・・」
     と振り返りました。
 林 久史(はやしファーム)
   ⇒ 「しんわルネッサンスは、50kgから受けてくれて助かる。トマトのない冬でも味
     わってもらえて嬉しい」と農家の立場よりコメント。

■NHK 「首都圏ネットワーク」(2014年6月6日)

2014606NHK首都圏ネットワークhp.jpg
 NHKテレビ ⇒ NHKオンライン「障害者の仕事につなげる加工場」(2014.6.5)

<You Tube> 
YOU Tube にて、「しんわルネッサンス/農産物加工場」「湘南とまと工房」に係わる動画が配信されていますのでご覧下さい。

■テレビ朝日 「うまふく」&湘南とまと工房(上記<テレビ>に掲載)
      umahukuajaf[2].png 
You Tube 配信 
 「うまふく」寄附すると返戻金 福祉施設版 ふるさと納税

 
■「湘南とまと工房」を使ったお料理「NODE UEHARA」編         
小田急線「代々木上原」駅北口の人気カフェ・レストランNODE UEHARA (ノードウエハラ)様において、2017年春、「湘南とまと工房」のピューレを使った進和学園ランチ・フェアを実施し大好評を博しました。その際の模様が動画配信されています。
     NODE UEHARAYOUTUBE hp.jpg
You Tube 配信  「湘南とまと工房」を使ったお料理「NODE UEHARA」編

■ひらつかビジョン「福祉施設が取り組む6次産業」
 食品加工YOUTUBE hp[1].jpg    湘南工房hp2014_00001.jpg 
You Tube 配信 ⇒  ひらつかビジョン「福祉施設が取り組む6次産業」
                 PRスライド「しんわルネッサンス/農産物加工場の紹介」

<その他参考資料>
■「共済総研レポート」NO.142(2015年12月号)
⇒ 「地域の障害者事業所によるJA等との農福商工連携~社会福祉法人進和学園の取り組み~」(JA共済総合研究所 主任研究員 濱田健司)

■広報ひらつか(2014年7月号)
20140721広報平塚7月号hp.jpg
広報ひらつか(2014年7月号)においても、詳細記事が4ページを割いて掲載されました。
⇒ 広報ひらつかNo.1011「おいしいを食卓に/食品加工に挑む福祉施設」(2014年7月)

NODE UEHARA(代々木上原) Monthly Lunch 湘南とまと工房フェア

ノードウエハラ1hp201702e-01[1].jpg
        Monthly Lunch 湘南とまと工房フェア
NODE UEHARA (ノードウエハラ)様は、小田急線沿線の安全で美味しい食材を厳選して素敵なメニューを提供されているお洒落なカフェ・レストランです。         
NODE&湘南とまと工房201702459967[1].jpg達の湘南とまと工房 製品(トマトジュース等)を店頭販売頂いていますが、今般、有難いことに、ランチ・メニューにも「湘南とまと工房」や「サンメッセしんわ」(進和学園製パン部門)の自主製品をご活用頂きました。
「Monthly Lunch 湘南とまと工房フェア」を企画・実施下さった、NODE UEHARA様に心より感謝申し上げます。

*2017年2月21日(火)~3月6日(月) ランチ(¥1200)
  メニュー3hp-06[1].jpg
 (根菜パリパリサラダ/トマトバンズの豆腐ハンバーガー/とろ~りチーズのトマトリゾット)

*2017年3月7日(火)~3月20日(月) ランチ(¥1200)
  メニュー2hp-07[1].jpg
 (シーフードとまドレサラダ/小松菜BLTバーガー/トマトクリームパスタ)
ノードウエハラ2hp201702[1].jpg

動画YouTubeでもご覧頂けます。
「湘南とまと工房」を使ったお料理「NODE UEHARA」編(YouTube)
NODE UEHARA 様 アクセス (小田急線・代々木上原駅・北口)
NODE UEHARA 3月のメニュー/Monthly Lunch Inf.
     ノードウエハラhpIMG_8238.jpg

NODE UEHARA hpimage1.jpg

ホンコンにて試飲販売会 & 商談会 ~ 湘南とまと工房 ~

 ■日本産農産物・食品輸出商談会 in 香港ホンコンhp3DSCN5963.jpg
2017年2月15~16日、JETRO(日本貿易振興機構)主催の掲題商談会がホンコンにおいて開催され、19都道府県から38社が参加、研進・進和学園が運営する「湘南とまと工房」も出展しました。昨年10月に実施された「かながわ よこはまフェア2016 in 香港」のフォローアップを兼ねて、現地商社や関係者とのミーティング、マーケット動向の調査や新規顧客開拓にホンコンそごうhp2DSCN5904.jpg向けた商談を目的に出張しました。
既に、香港そごう(地下2階食品売場)において「湘南とまと工房」のトマトジュースが販売されていますが、現地での商流を太くするためのセールスプロモーションにも尽力して行きたいと思います。
「地産地消」に加え、地域外への販売促進、通販の活用、そして、日本の将来にとっても重要課題とされる海外市場の捕捉・・と、夢を抱いて取り組んで参ります。

■かながわ よこはまフェア2006 in 香港ホンコンhp5297.jpg2016年10月19日~25日の1週間、ホンコンにおいて、私達が運営する「湘南とまと工房」のトマトジュース試飲販売会を実施しました。公益社団法人横浜貿易協会主催の「かながわ よこはまフェア2016 in 香港」に参加したもので、神奈川県産の魅力ある食品16アイテムが、香港そごう(地下2階食品売場特設コーナー)での物産展に集結!近年の健康・安全志向を背景に日本食品への関心は高まっており、連日多くのお客様で賑わい盛況を博しました。現地にて窓口となる商社との情報・意見交換会や物流倉庫見学に加え、ホンコン繁華街のスーパーマーケットを巡り、日本製品の浸透状況や可能性を探る機会にも恵まれました。
お客様hp2DSCN5317.jpg
これまで日本国内での消費を前提としていた農産物や加工食品の販路を海外へ求めることは、日本の将来にとっても重要な課題とされています。私達も、ささやかですが、このたびの貴重な経験を活かして海外を含めた販路開拓に注力して参りたいと思います。

本イベントの詳細を報告する記事が掲載されています。
⇒ 「横浜月報」2016年10・11月号(公益社団法人横浜貿易協会)

横浜水信・平塚ラスカ店(デパ地下)にて「湘南工房」販売!  

横浜水信様は、大正4年創立の青果商の老舗として有名です。そのこだわりの品揃えと品質は、消費者より高い信頼を得ており、現在、横浜を中心に5店舗を展開されています。
   横浜水信hpIMG_3426.jpg
今般、有り難いことに湘南工房のトマトジュース&ピューレ及び進和学園自慢の原木しいたけ、更には、人気の「湘南みかんぱん」と「おからドーナツ」(野菜シリース5種類)を、平塚ラスカ店(地下1階)にて販売頂けることとなりました。進和学園の特設コーナーを設けて頂き、同店スタッフの方が直筆で用意下さった秀逸なポップも掲示されています。
2015年秋、同店幹部社員の方々が、「しんわルネッサンス」の農産物加工場「湘南工房」に来訪され、品質・工程管理や安全・衛生面について確認、また、進和学園の取り組み全般についてもご理解を頂きました。諸々の準備を経て、2015年11月2日、トマトジュース等を初納品、横浜水信様との取引がスタートしました。
いわゆる「デパ地下」の有名店でのお取扱いが実現しましたことは、進和学園で自主製品を手掛ける障害者ご本人は勿論、職員、関係者一同にとって、誠に光栄なことであり嬉しく思います。親身にご支援頂いている横浜水信の皆様に、心より感謝申し上げます。
(写真左:進和学園コーナー 2015年11月24日撮影/右:店舗掲示 2015年12月4日撮影)

「ラ・プラージュ」(フランス料理店)~「湘南工房」プレミアム商品ご利用に感謝!~

ラプラージュhp291812878_n[1]-01.jpg
  ラプラージュ料理hpIMG_1864.jpg
ラプラージュ店内販売hpIMG_1870.jpg「ラ・プラージュ」(フランス語で「浜辺」)は、神奈川県葉山町の静かな海、森戸海岸に面するフランス料理のお店です。店内から相模湾を望み、江ノ島の遠くに富士山を眺めることができます。
同店の田中義麻呂シェフが、「忍者ファーム」様より「湘南工房」がOEM受注したプレミアム・トマトピューレ&ジュースを高く評価下さり、メニューにご利用頂けることとなりました。また、有難いことに、同店のお客様向けにトマトピューレとトマトジュースを販売して下さることとなりました。
一流レストランでの製品ご利用は大変光栄なことであり、「湘南工房」で働く知的障害のある方々の大きな励みとなり、自立・就労支援にも繋がります。
皆様、湘南の浜辺の美しい景色と美味しいお食事を、素敵な時間を「ラ・プラージュ」でお楽しみ下さい。
ラプラージュ「忍者ファーム」案内チラシhp201506.jpg

「湘南工房」(トマト加工品)の販売促進

湘南工房(進和学園・農産品加工場)が農林水産省の六次産業化助成を得ると共に、多くの皆様に支えて頂き、地元での知名度もアップして参りました。湘南産のトマトやミカン等の加工品生産と販売を通じて、農業及び地域の活性化を図り、加えて、障害者の自立・就労支援にも繋げようと期待されています。
研進も進和学園の窓口会社として、学園と連携して「湘南工房」製品の販売促進に注力しています。「地産地消」を基本としつつ、より多くの皆様に湘南工房をご利用頂けるよう外販にも挑戦したいと考えています。

■京急百貨店上大岡駅店(デパ地下)催事出店
京急百貨店hpIMG_8288.jpg2017年3月9日~15日の1週間、京急百貨店上大岡駅店(横浜市)の地下1階食品フロアにて、湘南工房のトマトジュースやジャム類の試飲販売会を実施しました。平塚の健康パン通販「湘南元気村/ル・カンフリエ」様のご厚意で、同店のパン類販売ブースの一部を使わせて頂きました。多くのお客様に、私達が手掛けた商品をご紹介する貴重な機会となりました。京急百貨店、「湘南元気村/ル・カンフリエ」様はじめご支援下さった皆様に厚くお礼申し上げます。

■農福連携マルシエ
農福[1].jpg2016年5月29~30日の2日間、厚生労働省と農林水産省の連携で有楽町駅前で行われた農福連携マルシェに進和学園が出店しました。障害者の職域拡大と農業の担い手不足解消が期待されるイベントに全国から16施設が出店し、それぞれの商品を販売しました。
30日に行われた開催セレモニーには、塩崎恭久厚労相や森山裕農水相、安倍昭恵首相夫人らが出席されました。進和学園のブースにも立ち寄られトマトジュースやみかんパンを購入して頂きました。

■ラスカ平塚(デパ地下)催事出店
ラスカhpIMG_2512.jpg2015年8月20日(木)・21日(金)の両日、ラスカ平塚(デパート)の地下1階食品売場の一画で、進和学園はじめ湘南地区福祉施設の自主製品を紹介・販売する催事出店を行いました。同デパートは、JR平塚の駅ビルという好立地にあり、地元住民のみならず多くの皆様が利用されています。
今回、ラスカを運営される湘南ステーションビル(株)(JR東日本グループ)様の親身なるご支援を得て、「デパ地下」での催事出店が実現。湘南工房のトマトジュースの試飲販売も実施させて頂きました。。

■エシカル&オーガニック・マーケット
2015年7月19日(日)、エシカル協会オーガニック協会主催によるエシカル&オーガニック・マーケットが、新宿パークタワー1Fアトリウムで開催され、オーガニック食品やフェアトレード、環境や社会貢献に配慮した商品等を扱う25店舗が出店。
私達も東ティモール産フェアトレード・コーヒー「カフェ・ブーケ」をはじめ、湘南地区の福祉施設が手掛ける自主製品を紹介し展示販売させて頂きました。
湘南工房のトマト・ジュース&ピューレも好評を博しました。
エシカルマーケットhp20150719.jpg
イベントの詳細は、こちら ⇒ エシカル&オーガニック・マーケット(エシカル協会)

■島マルシェ ~ 芝浦アイランド ~ に出店!
マルシエhp2IMG_1653.jpg
マルシエhpIMG_1639.jpg2015年6月6日(土)・7日(日)、島マルシェ~芝浦アイランド~(東京都港区芝浦)に参加させて頂きました。
NPO法人イノベーションネットワーク様のご厚意により、同法人が営む「つなぎの食堂」ブースの一画において、「湘南工房」製品、原木しいたけ、カフェ・ブーケ(東ティモール・コーヒー)等を販売させて頂きました。
お客様はじめマルシェ関係の皆様とも親しく交流を図る貴重な機会となりました。

「ラ・プラージュ」様でのメニューご利用に感謝!
ラプラージュhp291812878_n[1]-01.jpg
フランス語で「浜辺」という名の「ラ・プラージュ」は、神奈川県葉山町の静かな海、森戸海岸に面するフランス料理のお店です。店内から相模湾を望み、江ノ島の遠くに富士山を眺めることができます。
記念写真hp3IMG_1631 (2).jpg同店の田中義麻呂シェフが、「忍者ファーム」様より「湘南工房」がOEM受注したプレミアム・トマトピューレを高く評価下さり、メニューにご利用頂けることとなりました。
2015年6月5日、私達の代表は、同店にご挨拶方々、トマトピューレを使用したランチ・メニューの試食会に参加、「忍者ファーム」代表の広田実様も同席下さり、楽しく充実した一時を過ごしました。
一流レストランでの製品ご利用は、大変光栄なことであり、心より感謝申し上げます。「湘南工房」で働く障害のある方々にとっても大きな励みとなります。
湘南工房トマト商品hpq20150207[1].jpg
■TVK「2015秋じゃないけど収穫祭」トマトジュース大好評!
2015年5月30日(土)・31日(日)の両日、横浜日本大通り地区で開催された「2015秋じゃないけど収穫祭」に、主催者のテレビ神奈川(TVK)様と連携して「森づくり」活動の一環としてドングリからの「ポット苗づくり」体験コーナーを設営させて頂きました。
ブースでは、冷やした飲み切りサイズ「湘南工房」トマトジュースを販売!100%完熟トマトから絞ったジュースを大勢の皆様に召し上げって頂き大好評を博しました。

「湘南工房」トマトジュース/湘南ひらつか「逸品」に選定!

平塚逸品研究会が主催する地元の街を元気にする「逸品」は、お客様の顔を思い浮かべ創意工夫した選りすぐりの商品として選定されているものです。進和学園も積極的に参加し、自主製品の開発・販売促進に注力しています。
これまでも、特製クッキーやラスク等、自信作が「逸品」に指定されていますが、2015年の「逸品」に、湘南みかんぱん/竹炭と共に「湘南工房」(しんわルネッサンス)のトマトジュースが選出されました。
トマトジュース:「湘南工房」ブランド(しんわルネッサンス)の新商品。地元湘南トマトの生産者・製造加工者の思いを込めて、トマト本来の味と栄養をお届けします。
(進和学園の路面店「プチ・ブーケ」にて常時販売しています)
平塚逸品研究会20150130hp_00001.jpg
  上記をクリックすると拡大して閲覧できます。

TOPページ>プロジェクト>5.湘南工房(農産品加工)