TOPページ新着情報会社概要ホンダ車部品事業プロジェクト提言
TOPページ>プロジェクト>ブルーベリーガーデンしんわ

「ブルーベリーガーデンしんわ」のご案内

ブルーベリーhp2IMG_9590.jpg

ブルーベリーガーデンしんわhp2IMG_8284.jpg

「ブルーベリーガーデンしんわ」は、進和学園の福祉工場「しんわルネッサンス」(神奈川県平塚市上吉沢1520-1)に隣接するブルーベリー畑です。現在、200本以上のブルーベリーを無農薬で栽培しており、毎年、7~9月初旬に美味しい湘南ブルーベリーの摘み取りを楽しむことが出来ます。
この取り組みは、2011年、「ブルーベリーガーデン旭」(神奈川県足柄上郡)の園主:小宮真一郎様の深いご理解とご支援の下、ブルーベリーの手摘み作業を障害のある方々の「就労機会(施設外就労)」とすべく、研進が仲介して開始したことから発展しました。進和学園と連携福祉施設の皆さんが協力して、「ブルーベリーガーデン旭」様において摘み取り作業を行ない、収穫したブルーベリーを販売、夏季の副収入として工賃に還元して来ました。
ブルーベリーhpIMG_9742.jpg一方、小宮真一郎様の親身なるご指導の下に、「しんわルネッサンス」の畑においてもブルーベリーの苗を植えて、無農薬・無化学肥料栽培に挑戦しました。「ブルーベリーガーデン旭」様にあやかり、「ブルーベリーガーデンしんわ」と名付けました。お陰様で2017年から収穫が可能となり、自前のブルーベリー摘み取りの比重を高めて来ました。近隣の福祉施設(ブルーベリーサポーターズ)の皆様にも収穫をお手伝い頂き、福祉施設間の連携に基づく協働体制を組んで推進しています。夏の約2ヶ月間に限られ、暑い中での作業は楽ではありませんが、皆で力を合わせて働き甲斐に満ちた充実した日中作業となっています。
また、進和学園が手掛ける農産品加工場「湘南とまと工房」では、自前ブルーベリーをジュースやジャムに加工して自主製品としても開発・販売し好評を博しています。
更に、2018年からは、一般の皆様にもご来園頂いて、ブルーベリー摘み取りをお楽しみ頂きお持ち帰りも可能な「観光農園」方式を導入しました。ブルーベリーの収穫体験と併せ、皆様との貴重な交流の場として、また、進和学園の活動を知って頂く有難い機会ともなっています。

20190725hp2IMG_5694.jpg
農薬や化学肥料を使用せず、湘南の陽光をたっぷり浴びた完熟の新鮮ブルーベリーの品質は素晴らしく、プロからも高く評価されています。
【ブルーベリー摘み取りのご案内】
・期間:7月中旬~9月初旬(その年の収穫状況により異なります)
・場所:ブルーベリーガーデンしんわ (神奈川県平塚市上吉沢1520-1)
  アクセス ⇒ 地図ご案内(しんわルネッサンス&(株)研進) 

・入場料:無料
・お持ち返り:100gにつき200円(税込)(市価の半額近く)
・その他:①福祉工場「しんわルネッサンス」の施設内の行動は、コロナ対策を踏まえ一定の制限
      を設けさせて頂きます。
     ②摘み取り作業中のブルーベリーは「食べ放題」です。(農薬や化学肥料は使用してい
      ないので安心ですが、食べ過ぎにはご注意下さい)
     ③進和学園の自主製品(トマトジュース、湘南ゴールドジャム、しいたけ等)、
      ご希望がございましたらお買い求め頂けます。

・お申込み:TEL:0463-58-5414
       *前日までにお申し込み下さい。完全予約制となります。
       *受付 9:30~16:00/摘み取り 9:30~17:00
ビーライトIMG_6193.jpg

【主なお客様・納品先
(過年度のお客様を含みます)
 これまでにお取引実績のある主なお客様をご紹介します。
  自然農法ブルーベリー2013-01ボカシ.jpg道の駅・足柄「金太郎のふるさと」
    (小巻ファーム様に納品代行をお願いしています)
  ・ル・カンフリエ(湘南元気村)
    (平塚市公所の健康パン工房/通販店) 
  ・横浜水信様~ラスカ平塚店~
    (横浜を拠点に営業される老舗青果店)
  ・LUSH JAPAN様(英国LUSHの日本法人)
  ・八百屋コウタ様(平塚市の青果店)
  ・晴れ屋様(厚木市のオーガニック専門店)
  ・Fru-Full(フルフル)様(東京赤坂・梅ヶ丘のホットケーキ・パーラー)
  ・湘南平展望レストラン Flat様(平塚市湘南平のカフェ・レストラン)
  ・バッハマン様(平塚市の洋菓子店)
  ・トラットリア ピノーロ様(秦野市鶴巻のイタリア料理店)  

本取り組みをご支援頂いている「ブルーベリーガーデン旭」様、ご発注者様、並びに関係の皆様に心より感謝申し上げます。

【参考資料】
「ブルーベリーガーデンしんわ」に係る地元情報紙の記事をご参照下さい。
 ⇒ タウンニュース平塚版「あまーいブルーベリー観光農園で収穫期」(2020.7.30)
   タウンニュース平塚版 「ブルーベリーたわわに 進和学園の観光農園」(2019.8.1)
   タウンニュース平塚版「果物狩りで福祉に貢献 進和学園が体験者募集」(2018.8.2)
   タウンニュース平塚版「観光農園へようこそ」(2017.8.10)

 

ブルーベリーサポーターズ慰労会

2020/10/06

「ブルーベリーガーデンしんわ」は、進和学園の福祉工場「しんわルネッサンス」に隣接するブルーベリー畑です。現在、200本以上のブルーベリーを無農薬・無化学肥料で栽培しています。7~9月に美味しい湘南ブルーベリーを収穫して夏季の副収入として工賃に還元しています。
「ブルーベリーガーデン旭」(神奈川県足柄上郡)の園主:小宮真一郎様の親身なるご指導の下に栽培に取り組み、2017年より摘み取りを開始しました。
20200724ブルーベリー収穫hpIMG_7793.jpg
本年度は、7月が天候不順で心配されましたが、合計661kg(前年度682kg)を収穫しました。作業は、進和学園に加えて、近隣の連携福祉施設にもお願いして協働体制を組んで行っています。摘み取りが遅れると風雨による落下や鳥に食べられてしまうので、短期集中の対応が必要です。進和学園だけでは、既存の作業種を抱えながら臨機に収穫することが難しいため、福祉施設間で連携し、ささやかですが工賃も分配させて頂くこととしました。
このブルーベリーの収穫チームを「ブルーベリーサポーターズ」(下記)と名付けました。現在、進和学園以外に5つの福祉施設が参加下さっています。猛暑の中での摘み取りは決して楽ではありませんが、熱中症にも注意しながら各人のペースに合わせ作業に励んで頂いています。ブルーベリーを試食しながらの屋外作業は「暑いけれど美味しく楽しい!」と、皆さん、元気良く取り組んでくれます。
BBサポーターズ慰労会hp4IMG_0014[1].jpg
今年は、コロナ禍により一般のお客様をお迎えしての「観光農園」方式は一定の制約を余儀なくされたので、「ブルーベリーサポーターズ」の活躍に大いに助けられました。皆さんの頑張りを称え感謝の気持ちを込めて、慰労会を開催しました。ホットケーキパーラー「湘南リトルツリー」にお招きし、「ドリンク、ミニ・ホットケーキ、ブルーベリ-プリン」を賞味しながら楽しいアフタヌーン・ティー・タイムを過ごしました。本来は、一堂に会して懇談もしたいところですが、「3密」を回避すべく施設単位で5回に分けて実施しました。来年は、コロナも落ち着き、お互いの交流も更に深めながら福祉施設間の連携の実を挙げて参りたいと思います。

ブルーベリーhpIMG_9749.jpg【ブルーベリーサポーターズ】
 ① 社会福祉法人よるべ会 SP企画
 ② NPO法人みんなの家ココ みんなの家ミミ
 ③ NPO法人神奈川県障害者自立生活支援センター キルクももはま
 ④ NPO法人フレッシュ ベルカンパニー
 ⑤ 社会福祉法人おおいそ福祉会 かたつむりの家
 ⑥ 社会福祉法人進和学園 しんわルネッサンス

【参考】
福祉施設間の連携チームとして、研進では次の取り組みも仲介させて頂いています。
どんぐりブラザーズ:進和学園が推進する「いのちの森づくり」において、福祉施設による
 「森づくりチーム」を編成して取り組んでいます。

おやつシスターズ:ホンダ開発(株)様のご協力を得て、Honda青山本社の食堂売店及び
 MILES Honda Cafeにおいて、福祉施設による菓子類を販売させて頂いています。   

かながわトラストみどり財団/自然観察&ブルーベリー狩り体験イベント

2020/08/06

イベントhpIMG_7924.jpg
2020年8月6日、公益財団法人かながわトラストみどり財団主催の「自然観察&体験イベント」の一環として、進和学園の「ブルーベリーガーデンしんわ」において、一般の皆様をお迎えしてブルーベリー狩りをお楽しみ頂きました。
ルネの森hpIMG_7971.jpgまずは、福祉工場「しんわルネッサンス」の周囲に植樹して14年が経過した潜在自然植生種による「いのちの森づくり」、並びに同財団の助成を得て取り組んでいる「かなユリ・チャレンジ」(ヤマユリ再生)についてご紹介、そして、ブルーベリー摘み取り後は、平塚の景勝地として有名な湘南平(高麗山公園)を訪れました。自然と人間との共生の下に育まれて来た常緑樹と落葉樹が交錯する貴重な広葉樹の植生を中心にご案内申し上げました。特に、高麗山のタブノキやスダジイ等は、関東でも数少ない臨海性常緑広葉樹林であり、「21世紀に残したい日本の自然100選」にも選定されています。
コロナ感染対策を踏まえて、午前と午後の2回に分けて少人数で実施し、其々8名、9名、合計17名(全員、神奈川県在住)の皆様にご参加頂きました。最後は、湘南平のホットケーキパーラー「湘南リトルツリー」で小休止、街の木を50種類以上利用して「多様性と調和」をコンセプトとしてお洒落な空間を演出しているインテリアもご覧頂きました。
湘南平hp2IMG_7940.jpg
今回は、コロナ対策のため「3密」を避ける異例の対応を余儀なくされましたが、自然に触れあいながら美味しく楽しいサマー企画として皆様の心に刻んで頂けたら幸いです。

かながわトラストみどり財団様・活動報告「進和学園でブルーベリー狩り」(2020.8.6)

観光農園(湘南ブルーベリー)のご案内 ~ 楽しく美味しく栄養満点! ~

2020/07/30

進和学園の「ブルーベリーガーデンしんわ」では、湘南産ブルーベリーの摘み取りをお楽しみ頂けます。今年は、日照時間が短く野菜や果物の生長が懸念されていますが、私達が手掛けているブルーベリーは、沢山の実を付けてくれました。7月の中旬より、近隣の連携福祉施設の皆様にも参加頂いて本格的な収穫を行っています。
コロナ禍の感染対策として、参加者が「3密」状態にならないよう注意しながら、日々、美味しく楽しい時間を過ごしています。例年より参加人数を絞るなど、一定のコロナ対策を講じながら一般のお客様にも楽しんで頂こうと考えています。夏休みの思い出づくりにも最適です!皆様のご来場をお待ちしております!
20200730townnewshiratsukaHP.jpg
<ブルーベリー摘み取りのご案内>

・場所:ブルーベリーガーデンしんわ (神奈川県平塚市上吉沢1520-1)
  アクセス ⇒ 地図ご案内(しんわルネッサンス&(株)研進) 

・入場料:無料
・お持ち返り:100gにつき200円(税込)(市価の半額近く)
・その他:①福祉工場「しんわルネッサンス」の施設内の行動は、コロナ対策を踏まえ一定の制限
      を設けさせて頂きます。
     ②摘み取り作業中のブルーベリーは「食べ放題」です。(農薬や化学肥料は使用してい
      ないので安心ですが、食べ過ぎにはご注意下さい)
     ③進和学園の自主製品(トマトジュース、湘南ゴールドジャム、しいたけ等)、
      ご希望がございましたらお買い求め頂けます。

・お申込み:TEL:0463-58-5414
       *前日までにお申し込み下さい。完全予約制となります。
       *受付 9:30~16:00/摘み取り 9:30~17:00
・ご参考:地元情報紙の記事をご参照下さい。
 ⇒ タウンニュース平塚版「あまーいブルーベリー観光農園で収穫期」(2020.7.30)
   タウンニュース平塚版 「ブルーベリーたわわに 進和学園の観光農園」(2019.8.1)
   タウンニュース平塚版「果物狩りで福祉に貢献 進和学園が体験者募集」(2018.8.2)
   タウンニュース平塚版「観光農園へようこそ」(2017.8.10)

ブルーベリー摘み取り体験 &「湘南リトルツリー」お食事ツアー

2019/08/05

ブルーベリーIMG_5768.jpg

進和学園の「ブルーベリーガーデンしんわ」では、湘南産ブルーベリーの摘み取りが真っ盛りです。今年は、7月が天候不順で日照時間も短く心配されましたが、猛暑の到来と共にブルーベリーもたわわに実り、福祉工場「しんわルネッサンス」の日中作業として摘み取りを行っています。進和学園だけでは収穫し切れない自然の恵み、連携福祉施設の皆さんに加えて一般のお客様にも「観光農園」として開放しお楽しみ頂いています。
2019年8月5日、ブルーベリーの摘み取り体験と、私達が運営するホットケーキパーラー「湘南リトルツリー」でのランチを組み合わせたツアーを企画、14名のお客様をお迎えしました。午前中、約1時間をブルーベリー摘み取りに充て、昼食は「かながわの景勝50選」にも指定されている湘南平にある「湘南リトルツリー」へ移動!特製の「ブルーベリースム-ジー」のウェルカムドリンクで火照りを落ち着かせたところで、「どんぐり印」が可愛いホットケーキが登場!ご参加頂いた皆様より好評を博しました。
美味しく楽しい栄養満点のサマー企画、夏休みの思い出づくりにも最適です。皆様も是非お試し下さい。
  LT 特製メニューhp.jpg   
  20190805ブルーベリー&LThp.jpg
湘南ブルーベリー摘み取り体験&「湘南リトルツリー体験」ツアー(案内チラシ)

ブルーベリー手摘み最盛期 ~ 貴重な就労機会/工賃に還元! ~

2017/08/05

「ブルーベリーガーデン旭」様(神奈川県足柄上郡)のご協力を得て、美味しい湘南ブルーベリーの手摘み作業を障害者の方々の「就労機会」とする取り組みは7年目を迎えました。今シーズンも、7月中旬から週2回のペースで、小田原支援センター足柄緑の会(コスモス学園)の皆さんと連携して、ブルーベリーの収穫(施設外就労)及び販売を推進しています。
     ブルーベリーガーデンしんわIMG_2358.jpg
また、進和学園の「ブルーベリーガーデンしんわ」でも、かなり収穫が出来るようになり、今シーズンは、マルチ・タスク・フループが中心となって取り組んでいます。少しでも皆の工賃収入に還元出来ればと考えています。
農薬や化学肥料を一切使用しない自然農法により湘南の陽光を浴びた完熟ブルーベリーは高品質で、毎年、多くのご注文を頂き、メンバーにとって大きな励みとなっています。
本取り組みを支えて頂いている「ブルーベリーガーデン旭」様、ご発注者様、並びに関係の皆様に心より感謝申し上げます。
  ブルーベリーhpZOLi[1].jpg
<主なお客様>
  ・LUSH JAPAN様(英国LUSHの日本法人)
  ・横浜水信様~ラスカ平塚店~(横浜を拠点に営業される老舗青果店)
  ・八百屋コウタ様(平塚市の青果店)
  ・晴れ屋様(厚木市のオーガニック専門店)
  ・Fru-Full(フルフル)様(東京赤坂・梅ヶ丘のホットケーキ・パーラー)
  ・湘南平展望レストラン Flat様(平塚市湘南平のカフェ・レストラン)
  ・トラットリア ピノーロ様(秦野市鶴巻のイタリア料理店)
  ・バッハマン様(平塚市の洋菓子店)
ブルーベリーガーデンしんわhpIMG_9596.jpg
2017年8月4日、平塚法人会女性部会有志の方4名が来訪され、進和学園のマルチ・タスク・グループのメンバーと交流しながら、ブルーベリー摘み取りを楽しみました。午前中だけで10kg以上を収穫しました。

TOPページ>プロジェクト>ブルーベリーガーデンしんわ