TOPページ新着情報会社概要ホンダ車部品事業プロジェクト提言
TOPページ>イベント情報

「いのちの森づくり友の会」会報第7号を発行 ~宮脇 昭先生に活動をご報告! ~

2016/06/22

友の会会報第7号hp201606_00001.jpg私達が推進する「いのちの森づくり」プロジェクトは、宮脇 昭先生(横浜国大名誉教授)はじめ多くの皆様のご指導ご支援を得て、お陰様で10年目を迎えました。福祉施設で働く仲間達「どんぐりブラザーズ」が、ドングリや木の実から苗木を育て、植樹・育樹活動に取り組み、これまでの苗木出荷本数は20万本を超えました。
2008年に、「いのちの森づくり友の会」を発足させ、「福祉・環境・教育・労働」の連携を目指す私共の取り組みにご賛同頂ける個人・団体・企業の皆様より広くご寄附を募り、また、各方面からの助成や協賛を賜り、公共スペースにおける植樹を実践して参りました。緑化を通じた環境保全、防災面への貢献、子供達の情操教育、そして、障害のある方々の自立就労支援に繋げようと努力を重ねて来ました。
「自然の森は色々な種類が混ざり合っている。仲の良いものだけを集めても駄目。人間社会も同じ。混ぜる。混ぜる。」という宮脇先生のお言葉に触発され、「森づくり」を通じた「人づくり」に尽力しています。
今般、デザインも一新して「いのちの森づくり友の会」会報第7号を発行しました。2015年度の取り組みを中心に編集していますが、会員及びご支援下さっている皆様にご覧頂ければ幸甚です。皆様の温かいご支援ご期待に沿えるよう、引き続き一同力を合わせて取り組んで参ります。
(会報は、6月中旬~7月初旬に会員様の登録住所宛てに郵送させて頂きます)
IMG_1162.jpg

湘南とまと工房・楽天市場店 ~ 湘南の完熟トマトジュースをご賞味下さい!~

2016/06/06

topboard_07[1].jpg
進和学園の福祉工場「しんわルネッサンス」では、障害のある方々が湘南産のトマトやミカンの搾汁・加工作業に励んでいます。農林水産省「六次産業化・地産地消法」の総合化事業計画の認定を受け、福祉的就労の場を拡充し地域の農業を活性化する方法として、地元住民や農協、NPO法人等がネットワークを築いて連携、湘南地区で収穫される豊かな農産物の加工品を「湘南工房」ブランドで販売しています。
地産地消に基づく地元販売に加え、全国の皆様にもお届け出来るよう、通販「楽天市場」にも登場! 好評を博しています。今般、人気のトマトジュース&ピューレに特化した「湘南とまと工房」としてWEBコンテンツを充実させデザインも一新させました。
湘南地区の「逸品」を是非ご賞味下さい!
ご利用はこちらから ⇒ 湘南とまと工房・楽天市場店
インタビューhpd_09[1].jpg
湘南工房hpdetail_img_01[1].jpg

YOU Tube にて、「しんわルネッサンス/農産物加工場」に係わる平塚市広報ビデオ及びPRスライドを配信していますのでご覧下さい。
 食品加工YOUTUBE hp[1].jpg トマトジュースhp_02[1].jpg   
You Tube 配信 ⇒  ひらつかビジョン「福祉施設が取り組む6次産業」
                 PRスライド「しんわルネッサンス/農産物加工場の紹介」

広報ひらつか(2014年7月号)においても、詳細記事が4ページを割いて掲載されました。
⇒ 広報ひらつかNo.1011「おいしいを食卓に/食品加工に挑む福祉施設」(2014年7月)

また、NHK他のテレビ・ニュースや各新聞紙上でも大きく取り上げて頂いています。
2014606NHK首都圏ネットワークhp.jpg
NHKテレビ ⇒ NHKオンライン「障害者の仕事につなげる加工場」(2014.6.5)

参考記事 ⇒ 日本経済新聞「障害者の能力生かせ」(2014.6.5)
       読売新聞「農産物加工で障害者就労支援」(2014.6.6)
       毎日新聞「障害者 農産物製品化/平塚に加工場」(2014.6.6)
       東京新聞「平塚市の障害者施設/地域の農業の活性化に一役」(2014.6.7)
       朝日新聞「平塚の農業振興・障害者らも一役」(2014.6.25)
       神奈川新聞「障害者 働く場広がれ/農産物6次産業化」(2014.5.16)
       タウンニュース平塚版(2014.6.12) & 湘南ジャーナル(2014.6.13)

       「さがみ」8月号「規格外トマトで収益向上/社会福祉法人とコラボ」(2015.8.1)
   湘南工房料理hp201506[1].jpg

 

TOPページ>イベント情報